ツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)を刺激することで、身体の色々な症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)を緩和させくれる働きがあることはよく知られていますよね。当然、腰の痛みの治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)にも効果的なツボと言うものが存在します。腰の痛みに効果のあるツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)は、主に背中に集中していますから、自分でツボを見つけて刺激することはちょっとむずかしいはずです。出来れば、鍼灸院等へ来院して、専門家にツボ治療をして頂くといいかもしれませんね。けれど、腰の痛みがそれほど強くない場合や、自分でツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)を探せる箇所もあるので、そのような場合には自分でツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)の刺激を行う事も可能です。例えば、手足にも腰の痛みに効果のあるツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)がありますので、その辺りですと自分で探し出すのも簡単だと言えるはずです。手であれね、人差し指と中指の間の関節、そして、小指と薬指の間の関節を下まで辿っていくと骨が交わる箇所があるのですが、そこが腰痛のツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)であると言われています。足だったら、膝関節の裏側付近のシワの真ん中ほどのツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)、足の裏側で脹脛が盛り上がった部分から少し下付近の窪みのツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)等があるでしょう。ツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)を刺激する際は、気持ちがいいからと強く押したりしないで、リラックス(心からリラックスしていると、人にはみられたくないようなだらしない格好をしていることも珍しくないですよね)して優しく行うようになさってください。ツボ刺激の目的は、身体全体の血流を促進して新陳代謝(?えると体がだるくなったり、肌のトラブルなどが発生するでしょう)を高め、体内のバランス調整を行う事にあるので、むやみやみくもに刺激すれば良いというのものでもないでしょう。如何に効果的とは言ってもも、押す回数を増やしたり、強く刺激したりしないように注意が必要になりますー